折込チラシの費用対効果

img-1

折込チラシの費用対効果を上げるには、出す回数と内容にあります。

折込チラシを入れるには、企画や印刷、折込枚数など費用が掛かります。



ただ、チラシの効果が得られれば、大きな収益をもたらすため、経費を掛けた意味もあるでしょう。



データ結果を元に話をすると、食品スーパーを除く物品販売のチラシ効果は1%以下であることが分かっています。



今ではすっかり見なくなったのですが、中古車販売のチラシです。逆に、新車販売のチラシはよく見かけます。



なぜ、中古車販売のチラシを見なくなったのかと言うと、インターネットが普及したことや、チラシでの情報が正確ではないことなります。



チラシを出すとすれば、数十台の車輛を掲載し、チラシ上では程度や複数の画像が確認できず、新車の場合正しい情報が伝えられます。

実際にチラシで中古車を見に来てくれるお客さんは、100人に1人もいないでしょう。こうなると、折込チラシを続けていれば、経費倒れとなるでしょう。



しかし、絹ごし豆腐1丁20円やピーマン5個入り99円で写真付きであれば、効果は?いでしょう。

これは、消費者がすぐに理解できることと、味や形状などの想定が出来るから、そのものに値打ちを感じるのです。



正しい情報がチラシからしっかりと得られなければ、消費者は疑いを持ちます。大手企業でチェーン展開を行なう企業のチラシ効果が高いのは、情報内容が既に消費者に知れ渡っているからです。



零細企業が一度程度のチラシで効果が出るかと言えば、効果はほとんど出ません。チラシの内容と出すタイミング、情報量や正確さなどをしっかりと計画して織り込みチラシを出すと良いでしょう。

関連リンク

img-2
シミの治療方法について

春先から徐々に紫外線が強くなってくると、気になってくるのが肌に対する負荷です。気をつけていても、肌に蓄積されたダメージというものがシミとなって表に出てしまうことがあります。...

more
img-2
シミのタイプ別の治療法

お肌にポツポツとシミがあると、化粧をしていても浮いてしまい、人目についてしまうことがあります。お肌にできたシミは、見つけ次第にこれ以上範囲が広がらないように、何らかの対策をしておきましょう。...

more
top